プリザーブドフラワーについて

結婚式には枯れないプリザーブドフラワーのブーケ

素敵な結婚式の思い出を、形に残しておきたい。
そんな人におすすめなのが、プリザーブドフラワーのブーケです。
プリザーブドフラワーとは、特殊な薬品により生花の水分を抜きその美しさを長期間保てるようにしたものです。
ドライフラワーとは違い、瑞々しい生花の輝きそのものが残っています。
生花や造花に比べ少々値段は高いですが、プリザーブドフラワーのブーケにするメリットは他にもあります。
まず生花で作られたブーケよりも軽いことです。
大きなブーケを生花で作ると結構な重さになってしまい、式の間中もっているのが大変なのですが、その点も安心です。
ブーケを自分で作りたいという人にもおすすめです。
生花だと当日に作成する必要があるため、素人が自分で作成するのは困難です。
しかしプリザーブドフラワーなら、あらかじめ時間をかけて作っておけるので、素人でも大丈夫なのです。
そして一度色を抜いて染色してあるので、「青いバラ」など生花では表現できない色の花でブーケを彩ることもできます。
保管には紫外線や湿気を避けるなど、少し取り扱いに注意が必要です。
きちんとした保管方法でケースなどに入れて保管すれば、数年はその美しさをそのままに楽しむことが可能です。

最近注目のプリザーブドフラワーの魅力

最近、枯れないでいつまでも美しいと注目されているのがプリザーブドフラワーです。プレゼントにぴったりで、また花嫁さんのブーケにもぴったりですね。
生花と違って枯れない花と言えば、かつてはドライフラワーが代表的でした。ドライフラワーも部屋に飾ったりして長く楽しめますが、年月とともに壊れやすくなり、色褪せてきます。それがプリザーブドフラワーなら、いつまでもみずみずしく、花びらも生花のようにふんわりしています。なぜなら、ドライフラワーとは作り方が全く異なるからです。
ドライフラワーは、乾燥剤を使ったり、または自然乾燥で花や草木を乾燥させて作ります。プリザーブドフラワーの方は、花の樹液をいったん抜いてから特殊な染料を吸収させ、その後に乾燥させて作るのです。手間がかかる分、いつまでも色鮮やかに花の美しさを楽しめます。
また、もともと花に備わっている水を吸い上げる力を利用して染料での色付けをしているので、外からの着色とは違って自然な風合いになります。さらに、生花にはないブルーやグリーンの花なども作ることができ、様々な色の組み合わせを楽しむこともできます。
見た目も生花に劣らない、カラーバリエーションから言えばより勝っているプリザーブドフラワーは、贈り物やインテリアなど、今後ますます幅広く、その用途は広まっていくことでしょう。


おすすめWEBサイト


有名な熊本のホテルです


カナダの高校留学をお手伝いいたします


業務用無線機のレンタルが可能です


最終更新日:2020/3/18